カラミざかり 第3話 あらすじ 感想

カラミざかり第3話「へへ、きれーにしてやったぞ」あらすじと感想

↓無料試し読みはこちら↓

 

貴史のオナホを見に来た高成、飯田里帆、新山智乃の3人。

 

どんどんと桃色な雰囲気が漂ってきて。。。。

 

 

第3話「へへ、きれーにしてやったぞ」のあらすじ

 

貴史にオナホを使っているところを見せてよ!と新山智乃が言い出しっぺとなり

 

貴史の部屋にやってきたところ

 

こんどは貴史が智乃に大事なところを見せろと要求します。

 

智乃がとった行動は・・・・・>>本編はこちらから

 

 

 

 

感想

 

エッチに対する興味がだんだんとエスカレートしていきます。

 

こうなると行為を止めることはできません。

 

ただエッチをしたいということならいいのですが、主人公の高成は飯田里帆に恋心を抱いているので

 

少し事態は複雑なのですよね。

 

展開は王道なのである程度読めますが絵もいいし心理描写がうまいなぁと思いました!

 

 

↓無料試し読みはこちら↓

page top